平 裕介(弁護士・公法研究者)のブログ

主に司法試験と予備試験の論文式試験(憲法・行政法)に関する感想を書いています。

東京五輪“学徒動員”は憲法・行政法・国際条約の趣旨に反しないか? ――児童酷使の禁止・児童福祉法・児童の権利に関する条約等との関係の検討

「『子どもの権利は大事ですか』と言われて否定する人はそうそういないが、現実には、子どものためを思う大人が、子どもを危険にさらしている。一つ一つの行動をとらえて、『これは危険です』と具体的に指摘していくしかないだろう。」[1] ********…

札幌地判令和3年3月17日の感想(憲法・行政法の観点から)――「国民感情」vs「国民感情」の調整と、司法の本質

「三権のうち立法権と行政権は多数決原理が支配していますから、この二権しかなければ少数者は負けっぱなしです。そこで、そうした多数決の『暴力』から少数者の権利や自由を守るのが司法の役割・司法の本質といわれるものです」[1] ***********…

成仏 ~令和3年司法試験予備試験 論文 憲法・行政法の予想問題~

「問題の捉え方がそもそも間違っている。食べていけるかどうかを法律家が考えるというのが間違っているのである。何のために法律家を志したのか。(中略)飢え死にさえしなければ,人間,まずはそれでよいのではないか。その上で、人々から感謝されることが…

司法試験・予備試験関係のツイート 2021 まとめ(2)

「事例への適用を度外視した憲法学説は、少なくとも解釈学説ではない。……いくら車の設計図を眺めていても、さらにはそれを自分で書けるようになったとしても、車の運転が出来るようになるわけではない。……運転技術に相当する能力の修得が『法律学を学ぶ』と…

司法試験・予備試験関係のツイート 2021 まとめ(1)

「法律学の学習にあたっては,社会と法の密接な関係に注意を払う必要があります。法制度は,静態的な仕組みでは決してないのです。別のいい方をしますと,法律学の学習が進むことにより,社会をいっそうよく理解できるようになります。逆に,社会の変化など…

令和2年司法試験予備試験論文憲法の答案における重要判例の活用法

「私は、サービス産業の片隅に身を置く一従業員にすぎないので、『教育はかくあるべし』式の理念・理想の類は持ち合わせておらず、与えられた仕事の範囲内で少しでも顧客満足度を高めることが使命だと心得ているだけである。」[1] ************…

令和2年司法試験論文行政法の再検討(参考答案(改訂版)とその解説)

「司法試験は法律家の選抜試験ですが,要するに自分たちと同じ種類の人間たちを増やしていくという作業ですよね。法律家が自己増殖をしていく。(中略)自分たちにしかわからない周波数を流してそれで集まってくる奴を仲間にするという儀式を試験でやってい…

弁護士会は手続的正義を実現できるか? ―9/24(木)東弁臨時総会・第2号議案について考える―

2020年9月24日(木)12時30分から、弁護士会館2階 講堂(クレオ)で、 東京弁護士会臨時総会が開催されます。第1号議案は「代理行使できる総会の議決権数の変更のための東京弁護士会会則等の一部改正の件」、 第2号議案は「死刑制度廃止に向け、まずは死刑…

【9/12(土)@伊藤塾(渋谷)・教室ライブ実施 & Zoomウェビナー同時配信】明日の法律家講座(講師:弁護士 平 裕介)のご案内と事例問題

明日になりましたが、2020年9月12日(土)18:30~20:30、本ブログ筆者で弁護士・元伊藤塾塾生の平(たいら)が講師を担当させていただく「明日の法律家講座」が伊藤塾東京校(渋谷)で実施されます!! 「講師プロフィール」と「講師からの…

令和2年司法試験論文行政法の感想(4) 設問2の答案例

令和2年司法試験受験中の受験生の皆様は試験終了まで読まないように(下にスクロールしないで)してください。 それ以外の皆様は、よろしければ、ご笑覧ください。よろしくお願いいたします。 「東京は後戻りしない 老いてく者を置き去りにして 目一杯 手一…

令和2年司法試験論文行政法の感想(3)設問1(2)の答案例

令和2年司法試験受験中の受験生の皆様は試験終了まで読まないように(下にスクロールしないで)してください。 それ以外の皆様は、よろしければ、ご笑覧ください。よろしくお願いいたします。 「いつまでだって 待っているから 待っているから 待っているか…

令和2年司法試験論文行政法の感想(2) 設問1(1)の答案例

令和2年司法試験受験中の受験生の皆様は試験終了まで読まないように(下にスクロールしないで)してください。 それ以外の皆様は,よろしければ,ご笑覧ください。よろしくお願いいたします。 「僕の心臓のBPMは190になった」[1] うすうす出題傾向の変化を感…

令和2年司法試験論文行政法の感想(1)

令和2年司法試験受験中の受験生の皆様は試験終了まで読まないように(下にスクロールしないで)してください。 それ以外の皆様は、よろしければ、ご笑覧ください。よろしくお願いいたします。 本日実施された令和2年司法試験論文行政法の感想(1)である。 …

コロナ法テラス特例法案と弁護士自治(1) ~特例法案に係る日弁連のロビー活動は会則59条違反か?~

「組織は個人とは異なるレベルの力を持ち,そして,組織の中の対立関係はもしかすると一部の個人を阻害してしまいます。(中略) けれども現実の組織は決して悪役ではありません。企業や大学などたいていの組織は社会に貢献する『善の組織』で,個人ではなし…

新型コロナ法テラス特措法案は職業差別法案(憲法14条違反)ではないか?

新型コロナ法テラス特措法案、衆院に提出 本日(2020年6月12日)、法令違憲の疑いのある新型コロナ法テラス特措法案が衆議院に提出された。 「コロナ減収者は法テラス利用無料に 野党統一会派が法案」 (朝日新聞デジタル2020年6月12日16時23分) (以下引用…

平裕介(弁護士・研究者)のプロフィール

プロフィールを公表するサイトを作成いたしました。 順次更新いたします。よろしくお願いいたします。 □弁護士(2008年(平成20年)登録・東京弁護士会)として,主に行政関係事件を取り扱っています。最近は、憲法問題を扱う訴訟にも力を入れてます。 ■最近…

東京法律事務所の先生方からインタビューを受けました

このたび、東京法律事務所の弁護士・本田伊孝先生より、いわゆるコロナ休業には憲法に基づく補償が必要なのかという法的問題に関してインタビューを受けました。Zoomによるインタビュー(4/21)で、東京法律事務所の先生方、職員の方々にもご参加いただきまし…

司法試験・予備試験関係のツイート まとめ(3)

「STAY 何を犠牲にしても守るべきものがあるとして」*1 ******************** 前回のブログと同じ趣旨の、第3段です。司法試験・予備試験に直接関係するツイートだけをまとめてみましたので、各ツイート(ツリーのツイートを含む)を受験…

司法試験・予備試験関係のツイート まとめ(2)

「何が起きても変じゃない そんな時代さ覚悟はできてる」*1 ******************** 前回のブログと同じ趣旨の、第2段です。yusuketaira.hatenablog.com 司法試験・予備試験に直接関係するツイートだけをまとめてみましたので、受験勉強の…

司法試験・予備試験関係のツイート まとめ(1)

「もういいや もういいや 疲れ果ててちまった そう言って そう言って ここまで来たじゃないか」*1 ******************** 最近感じたことですが・・・↓受験生的には、私の司法試験・予備試験に関係ない(一見そう見える)ツイートは「ノイ…

「自粛と給付はセットだろ」は法的に正しいのか?

僕らは思っていた以上に 脆くて 小さくて 弱いでも風に揺れる稲穂のように 柔らかく たくましく 強い*1 **************************** 本日(2020年4月5日(日))、美術手帖さんのウェブサイトに、「自粛と給付はセットだろ」を法的に検討する拙稿を掲載して…

マスク転売禁止措置は国民生活安定緊急措置法の物価高騰要件を本当に満たしているのか?「法治主義違反」と言われるおそれもあるが、検察官は「逃げ」ずに戦うのか?

「いつも心にしてたアイマスクを外してやればいい」*1 **************** 1 マスク転売禁止が本日開始 政府の説明は… マスク転売禁止スタート ネット販売、業界も対策 2020年(令和2年)3月15日 共同通信 https://www.47news.jp/4614686.htm…

「安保法制違憲・東京地裁判決(差止訴訟・国賠訴訟)に対する声明」(東京地判令和2年3月13日に対して)

この星が何処へ行こうとしてるのか もう誰にもわからない 権力(ちから)と権力(ちから)のSee-Saw-Gameから 降りることさえ出来ない*1 ************** 安保法違憲訴訟、原告の請求退ける…東京地裁 2020/03/13 15:12 読売新聞オンライン http…

Twitterによる政府広報が違法となる場合 ―平成15年東京高裁判決(O-157食中毒調査結果公表事件)は令和2年のクライシス・コミュニケーションのあり方を「予言」していた。厚労省・内閣官房等による羽鳥慎一モーニングショー等名指しツイートの法的問題点を憲法学と行政法学に照らし分析する。

さて、『フォーリン・アフェアーズ』の論文は「ウィルス」という言葉を使って、イリベラル・デモクラシーが言うなればウィルスのように広がっていくことを、憂慮するのです。[1] ************** (本ブログ記事の概要) 本ブログ記事は、厚労…

弁護士会の総会運営と手続的正義について

「『自由の歴史は大部分手続的保障の歴史であった』と考える立場は、人権保障にとってきわめて重要な視点であることを看過してはならない。」*1 ********************* 明日(2020年3月2日)、東京弁護士会の臨時総会開催される…

伊藤塾「明日の法律家講座」4月4日(土)で配布予定の問題(令和2年司法試験論文行政法対策)と答案例の一部を公開します

本来は本日予定されていました以下の講座は,新型コロナウィルス感染症対策関係で,以下のとおり4月4日に延期となりました。 ○伊藤塾 明日の法律家講座 東京校(渋谷)第294回 2020年4月4日(土)18:30~20:30 ※2/29より変更(2/26) 「…

検疫法と政府の新型コロナウィルス対策の法的問題点

1 新型コロナウィルス感染症と検疫法の準用 新型コロナウィルス感染症は、検疫法(以下「法」と略す場合がある。)34条の政令で指定する「感染症」(令和2年政令第28号、令和2年2月14日施行、指定期間1年)として指定された。 このことから、新型…

【4/4(土)←2/29(土)@伊藤塾(渋谷)】明日の法律家講座(講師:弁護士 平 裕介)のご案内と事例問題

【追記】新型コロナウィルス対策のため、2020年4月4日(土)の同じ時間帯に延期となりました。よろしくお願いいたします。(以下は、延期決定前のブログ記事です。) 2020年2月29日(土)18:30~20:30,本ブログ筆者が講師を担当させ…

大澤東京大学特任准教授に対する懲戒処分は、懲戒解雇の有効要件を満たすものか?

「『機械の様に余り馬鹿にしないで』って云いたい」[1] ************** 東京大学の公式ウェブサイトによると、東京大学(本部広報課)は、2020年(令和2年)1月15日付けで、大澤昇平特任准教授に対する懲戒処分を公表した。 https://www.u-tok…

安田純平さん対する旅券発給拒否処分は違法か?

https://www-asahi-com.cdn.ampproject.org/v/s/www.asahi.com/amp/articles/ASN1D7WWJN1DUTIL00Z.html?amp_js_v=a2&amp_gsa=1&usqp=mq331AQCKAE%3D#aoh=15789275978360&referrer=https%3A%2F%2Fwww.google.com&amp_tf=%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B9%3A%20%25…