平 裕介(弁護士・公法研究者)のブログ

主に司法試験と予備試験の論文式試験(憲法・行政法)に関する感想を書いています。

司法試験

令和元年(平成31年・2019年)司法試験論文憲法 解説速報(3) 答案例その2

「真実からは嘘を 嘘からは真実を 夢中で探してきたけど」[1] ************** 前々回のブログの続きである。 yusuketaira.hatenablog.com 1 司法試験実施後のニュース記事の紹介 「フェイクニュース対策、有識者会議が本格議論」(読売新聞…

令和元年(平成31年・2019年)司法試験論文憲法 解説速報(2) 答案例その1

「もう怖がんないで 怯まないで 失敗なんかしたっていい 拒まないで 歪めないで 巻き起こっているすべてのことを真っすぐに受け止めたい」[1] 思想の自由市場を「歪め」るのは,市民の虚偽表現か,政府の統制か。 ************** 前回に引き続…

令和元年(平成31年・2019年)司法試験論文憲法(論文式試験公法系科目第1問)解説速報(1)

令和元年(平成31年・2019年)司法試験論文憲法(論文式試験公法系科目第1問)の解説速報であるが,本年,本試験を受けている(まさに真っ最中の)受験生は基本的には読むべきではなかろう。 以下,一定の空白スペースがあるが,その後に若干の解説文がある…

【10連休突入】司法試験直前期! この再現答案を読んでおけ【憲法1通&行政法1通】

「『まわりの他人(ひと)は皆やってんの』 言い聞かせましょう 本当はすごいの持ってんぞ こういうの」*1 *********************** 10連休に入り、まさに司法試験(予備試験)の直前期ですが、受験生の皆様はいかがお過ごしでしょうか。 直前期は忙しい!でも論…

弁護士松尾剛行先生著『AI・HRテック対応 人事労務情報管理の法律実務』(弘文堂,2019年)と司法試験論文憲法

「新しいひとつひとつへと」[1] ******* 1 AIを使う危険・リスク 先日は,弁護士松尾剛行先生(桃尾・松尾・難波法律事務所パートナー)より, 『AI・HRテック対応 人事労務情報管理の法律実務』(弘文堂,2019年1月15日) をご恵贈いただいた。 も…

単語カードを使った司法試験の勉強法

「切り札を隠し持っているように思わせてるカードは 実際は何の効力もない だけど捨てないで持ってれば 何かの意味を持つ可能性はなくない」*1 ******* 今日は、カードを使った司法試験(予備試験)の勉強方法について書きます。 ↓は、無印良品の単語…

平成30年司法試験論文公法系第1問(憲法)の感想(4) 「反論」の正体と“中立意見型”論文問題の答案枠組み(上位規範)

「息を切らしてさ 駆け抜けた道を 振り返りはしないのさ ただ未来だけを見据えながら 放つ願い」[1] 司法試験受験生が受験対策をするには,仮に一度本試験会場で解いた問題であっても,よほど自信がない限り,再検討しておく必要がある。 すなわち,司法試験…

平成30年司法試験論文公法系第1問(憲法)の感想(3) 「法律家甲」の正体

「痛いけど走った 苦しいけど走った 明日が変わるかは 分からないけど」[1] (1)「法律家甲」とは何者なのか? 「〔設問〕 あなたがこの相談を受けた法律家甲であるとした場合,本条例案の憲法上の問題点について,どのような意見を述べるか。本条例案のど…

平成30年司法試験論文公法系第2問(行政法) 解答速報(答案例20180523版)

平成30年司法試験論文式試験公法系科目の試験実施から早くも1週間が経った。 以下,文字数制限の点を考慮しない粗い検討ではあるが,平成30年司法試験論文公法系第2問(行政法)と関連する重要判例や,司法試験考査委員・元考査委員(行政法)の先生方の…

平成30年司法試験論文公法系(憲法・行政法)の「元ネタ論文」と「元ネタ裁判例」

平成30年司法試験(論文公法系科目)を受験した司法試験受験生は,以下のコメントを見ないで下さい。 また,本試験を受験していない方であっても,今後,平成30年司法試験論文公法系(憲法・行政法)の問題を検討することは有益なことですから,以下のコメン…

平成30年司法試験論文公法系第2問(行政法)の感想(3) 設問1(2)の答案例

平成30年司法試験(論文行政法)を受験した司法試験受験生は,以下のコメントを見ないで下さい。 また,本試験を受験していない方であっても,今後,平成30年司法試験論文行政法の問題を検討することは有益なことですから,以下のコメントを見ないようにした…

平成30年司法試験論文公法系第2問(行政法)の感想(2) 設問1(1)の答案例

平成30年司法試験(論文行政法)を受験した司法試験受験生は,以下のコメントを見ないで下さい。 また,本試験を受験していない方であっても,今後,平成30年司法試験論文行政法の問題を検討することは有益なことですから,以下のコメントを見ないようにした…

平成30年司法試験論文公法系第2問(行政法)の感想(1) 全体的な印象と元ネタ裁判例

平成30年司法試験(論文行政法)を受験した司法試験受験生は,以下のコメントを見ないで下さい。 また,本試験を受験していない方であっても,今後,平成30年司法試験論文行政法の問題を検討することは有益なことですから,以下のコメントを見ないようにした…

平成30年司法試験論文公法系第1問(憲法)の感想(2) 答案構成

平成30年司法試験(論文憲法)を受験した司法試験受験生は,以下のコメントを見ないで下さい。 また,本試験を受験していない方であっても,今後,平成30年司法試験論文憲法の問題を検討することは有益なことですから,以下のコメントを見ないようにした方が…

平成30年司法試験論文公法系第1問(憲法)の感想(1) 全体的な印象

【注意】 平成30年司法試験(論文憲法)を受験した司法試験受験生は以下のコメントを見ないで下さい。 また,本試験を受験していない方であっても,今後,平成30年司法試験論文憲法の問題を検討をすることは有益なことですから,以下のコメントを見ないよう…

平成30年司法試験論文憲法 予想問題 解説(4・完)

平成30年司法試験論文憲法 予想問題 解説(3) のブログの続きである。 平成30年司法試験論文憲法 予想問題 yusuketaira.hatenablog.com 平成30年司法試験論文憲法 予想問題 解説(1)yusuketaira.hatenablog.com 平成30年司法試験論文憲法 予想問題…

行訴法上の「処分」性拡大の波及効果について

「結末ばかりに気を取られ この瞬間を楽しめない」[1] 世はGW真っ只中であるが,司法試験受験生にとっては中々苦しい時期だろう。 とはいえ,あと約2週間となった。ラストスパートをかけるには絶好のタイミングである。 さて,ブログを解説して1年が過ぎ…

LOVE 司法試験 ONLY (平成27年論文行政法)

世は空前のTOKIOブームのようだが,平成30年司法試験を受ける受験生においては,もちろんカラオケで「オンリー・ユー」などといって騒いでいる場合ではない。 直前期は「オンリー・司法試験」[1]である。 さて,一般論として,司法試験受験生から本試…

平成30年司法試験論文憲法 予想問題 解説(3)

前回のブログの続きである。 平成30年司法試験論文憲法 予想問題 yusuketaira.hatenablog.com 平成30年司法試験論文憲法 予想問題 解説(1) yusuketaira.hatenablog.com 平成30年司法試験論文憲法 予想問題 解説(2)yusuketaira.hatenablog.com とい…

平成30年司法試験論文憲法 予想問題 解説(2)

前回のブログの続きである。 平成30年司法試験論文憲法 予想問題 yusuketaira.hatenablog.com 平成30年司法試験論文憲法 予想問題 解説(1) yusuketaira.hatenablog.com ということで,本問の解説の続きであるが,以後,答案例(脚注付きのもの)を掲載す…

平成30年司法試験論文憲法 予想問題 解説(1)

前回のブログでは,平成30年司法試験論文憲法の予想問題を掲載した。 要するに,旧司法試験論文憲法平成14年第1問の改題である。 yusuketaira.hatenablog.com 問題意識自体はやや古いかもしれないが,周知のとおり,今日では(今日でもなお)ヘイト・ス…

平成30年司法試験論文憲法 予想問題

「未来は読めず 不安が付きまとう」 (Mr.Children「ヒカリノアトリエ」(2017年)) しかし,未来が読めてしまったら,出題予想の自由もなかったわけで,それはそれで寂しい気がする。 ということで,平成30年司法試験論文憲法の予想問題であるが,旧司法…

もしも司法試験論文行政法で判例変更を狙う主張を論じさせる問題が出たら ~公共施設の管理者の同意の処分性(判例は否定)を肯定する答案例~

Ⅰ 判例変更を狙う主張という難題 「『白か黒で答えろ』という難題を突き付けられ ぶち当たった壁の前で僕らはまた迷っている」[1] Mr.Children「GIFT」の歌詞であるが,司法試験の論文答案でも,殆どの場合,適法か違法か,合憲か違憲か,無罪か有罪かなど,…

答案の「書き初め」 平成22年新司法試験論文憲法の答案例(25条1項関係)

Ⅰ 忘れないで 久しぶりの更新である。 久しぶりすぎて,MISIA「忘れない日々」を歌ってしまった。[1] さて,司法試験受験生からの本試験の問題に関するご質問として,平成22年新司法試験論文憲法の25条1項違反(生存権侵害)の主張のところの書き方がよ…

平成29年司法試験採点実感(行政法)の感想 その1 司法試験の採点でマイナー判例を重視することに関するリスク

久しぶりの更新である。 受験生の皆様には本ブログの存在を忘れられてしまったかもしれないし,「忘れられない権利」は憲法上及び法律上保障・保護されないものと解されるが,細々と続けていきたい。なお,「忘れらんねえよ」の元ドラムの酒田さんは,本ブロ…

平成29年司法試験出題趣旨(憲法)の感想 その5 出題趣旨から探究する「答案枠組み」

平成29年司法試験論文憲法の出題趣旨(以下,単に「出題趣旨」ということがある。)についての感想のつづきである。 前回のブログでは出題趣旨第3・4段落の感想を述べ,前回までに出題趣旨の第1~5段落の感想を述べた。 yusuketaira.hatenablog.com そ…

平成29年司法試験出題趣旨(憲法)の感想 その4 出題趣旨と「人権パターン」の関係

平成29年司法試験論文憲法の出題趣旨(以下,単に「出題趣旨」ということがある。)についての感想のつづきである。 前回までに,同出題趣旨の第1・2・5段落の感想を述べた。 前回のブログでは,最後の方で,司法試験論文憲法で,「冒頭パターン」を活…

平成29年司法試験出題趣旨(憲法)の感想 その3 憲法答案の「冒頭パターン」

平成29年司法試験論文憲法の出題趣旨についての感想のつづきである。 前回は,同出題趣旨の第1段落の感想を述べた。 yusuketaira.hatenablog.com そこで,今回のブログでは,同出題趣旨の第2段落(及び第5段落)の感想を述べることとする。 〔平成29…

平成29年司法試験出題趣旨(憲法)の感想 その2:出題趣旨のいう「基本判例」・「学説」とは何か?

平成29年司法試験論文憲法の出題趣旨についての感想が途中になってしまっていた。長いこと放置してしまっていたが,憲法改正の前に表現の自由を行使しておかねばと思い立ち,約3週間ぶりに更新することとした。 yusuketaira.hatenablog.com とはいえ,憲…

平成29年司法試験出題趣旨(憲法)の感想 その1:受験生「中間審査基準でマクリーン判決を超えてもいいんですか?」→考査委員「いいんです。」

「平成29年司法試験 公法系第1問の感想(4)」(平成29年5月22日ブログ)などでも述べたとおり,平成29年司法試験論文憲法には,憲法学にとって緊々の課題と評される「マクリーン判決を超える 」(愛敬浩二「判批」長谷部恭男ほか編『憲法判例百選Ⅰ〔第6版〕…